釣りライフを楽しもう

ジギングと鯛ラバ

鳥の群れ

「ジギング」「鯛ラバ」「これらのフィッシング技法を使えば明石でガンガン『大物』が釣れる」
などと言われても、釣りにあまり詳しくないという人から見たらよく意味が分からないことでしょう。何のこっちゃ?と首をかしげている人も多いはずです。
というわけでまずは明石でぜひ楽しみたいジギング、鯛ラバというフィッシングの技法について簡単におさらいしておきましょう。

これらのフィッシングが、ほかのフィッシングに比べて大きく違っているのは釣り糸の先につけるモノにあります。
釣竿、リール、釣り糸、針、そこまでは変わりませんが、ジギングや鯛ラバを楽しむときには特別なアイテムを釣り糸の先につけなければいけないのです。
ジギングの場合は、「ジグ」と呼ばれる物を。鯛ラバの場合は、その名の通り「鯛ラバ」というアイテムを取り付けます。

「ジグ」は「おもり」という意味で、文字通り金属の塊です。持てばずっしりとした手ごたえがある物となっています。ジギングは、ジグを付けた釣り糸を海に投入し、おもりで海の深いところまでブチ込むというフィッシング技法です。この方法では、サバやタコ、アジといった獲物をねらうことができます。これらの獲物は普通の釣り糸では到達できない深いところを泳いでいるので、おもりを使って底の方まで釣り糸を垂れる必要があるのです。

一方、「鯛ラバ」もジグのようなおもりが中心ですが、名前を見てもわかるようにこれは特に「鯛釣り」を目的として開発されたアイテムで、ルアーの一種です。
独特の形状をしており、普通のルアーにはないひらひらが付いています。
鯛は魚の中でも賢いといわれています。
普通の釣り針やルアーではごまかされないことが多いので、鯛が好む色や形状を研究した結果生み出した「鯛ラバ」というアイテムを付けて釣るのです。